×

CATEGORY

CATEGORY

専門カテゴリー

INFORMATION

MENU

ポイント会員募集中
HOME»  その他カード◆»  『マムルーク・カード(Jan Bauwens版)』【限定品、絶版品】

『マムルーク・カード(Jan Bauwens版)』【限定品、絶版品】

トルコのイスタンブール、トプカピ・サライ博物館に所蔵されているトランプ(プレイング・カード)やタロットカードの直接的な祖先と認められているマムルーク・カード(マムルク・カード)と呼ばれるカード。トプカピ・サライ博物館のマムルーク・カード自身は15世紀頃のトルコのものと思われているが、その起源は13世紀頃までさかのぼると推測されている。 47枚(48枚?)が現存しており、一つのスートが10枚の数札と3枚のコート・カード(王、総督、副総督)の13枚で出来ており、これが四つのスート(ポロのステッキ、コイン、剣、カップ)の計52枚のカードであったと現在では考えられている。ただし、コート・カードは、現代の様に絵札ではなく、各カードの上下などに文字で表示されている。このカードは、1972年にベルギーのAurelia Books(オーレリア書籍)が、フランスのCarta Mundi社に依頼して、現存する47枚に補填して復刻したものだが、監修したJan・Bauwens(ヤン・Bauwens)は、1939年に最初にマムルーク・カードについて言及したL・A・Mayers(L・A・マイヤー)の説や、1970年初期のプレイングカードのタロット起源説に影響を受けて、コート・カードを、王、副官、第二副官、王の補佐官の四つにした各スート14枚、計56枚のカードとして制作している。1972年に限定で750部が制作され、1977年にシリーズBとしてJan Bauwensの追加コメントが挿入された246部の計996部が制作されている。
見本画像はシリーズBの016番。
56枚 サイズ:199×74mm。
Jan Bauwensの英文、62ページの解説書付き。絶版品。
※当時の製造技術により、カード裏面に空気の封入(プレスをする際に、カードの芯と印刷部分の間に空気が入ったもの)、表面には若干の印刷のズレがありますので、ご了承下さい。

[ベルギー・ Carta Mundi(フランス) Aurelia Books(ベルギー)]

  • 『マムルーク・カード(Jan Bauwens版)』【限定品、絶版品】

  • 販売価格

    17,820円(税込)

  • ポイント還元1%
在庫切れボタン

関連商品