×

CATEGORY

CATEGORY

専門カテゴリー

INFORMATION

MENU

ポイント会員募集中
HOME»  新着速報★»  『ウェイト=スミス・タロット物語  いま明かされる世紀のカードの成立事情』(日本語版)

『ウェイト=スミス・タロット物語  いま明かされる世紀のカードの成立事情』(日本語版)

世界的なタロット研究者でコレクターのK・フランク・イェンセン(K. Frank. Jensen)が2006年にタロット研究会より刊行したウェイト=スミス・タロット歴史研究書の決定版。翻訳は、国内屈指の魔術研究家で翻訳家の江口 之隆氏が担当している。「ライダー版」「ウェイト版」としても知られる ウェイト=スミス・タロットの作者たちの生涯、当時の出版・印刷事情を踏まえ、誕生100年後も全世界ベストセラーを走り続ける驚異的タロットの成立過程やその後の変遷を、膨大な関連資料を基に解説している。とくにこの日本語版は、稀代のタロット収集家「夢然堂」石松謙二氏の協力で貴重な最初期版カード「パメラA・B・C・D」(「恋人」及び「太陽」札)が世界で初収録され、また、江口 之隆氏が収集蔵書している、ウェイト=スミス・タロットを制作・発売したウィリアム・ライダー社の貴重なオカルト雑誌「オカルト・レヴュー」誌より、高精度な図案が提供され、原書には掲載されていない1909年12月号にウェイトが寄稿した重要な「タロットー運命の輪」も、この日本語版のみに掲載されており、研究者には大変価値の高い書籍となっている。
■本書の主な内容
第1部 アーチストと著者
第2部 ウェイトの黄金の夜明け
第3部 ウェイト=スミス・タロット
第4部 ウェイト=スミス・リメイクス―物語は続く
など
■ 仕様 
著者:K・フランク・イェンセン
翻訳・解説:江口 之隆
ページ数:245ページ
サイズ:212×148×26ミリ


[ 日本 ・ ヒカルランド ]

  • 『ウェイト=スミス・タロット物語  いま明かされる世紀のカードの成立事情』(日本語版)

  • 販売価格

    3,600円(税込)

  • ポイント還元1%
在庫切れボタン

  • ■著者
    K・フランク・イェンセン(K. Frank. Jensen) 
    1933年、デンマーク・コペンハーゲン生まれ。1975年、黄金の夜明け系のタロット書を発表。同年、「遊戯研究室」を立ち上げ、タロットカードや占い用カードの収集、分類、分析、保管を開始。その後、次々とタロットや関連本を世に問う。30年余をかけて形成された氏のコレクションと人脈は比肩するものがない。とりわけ近代タロットの収集は徹底したものであり、20世紀中に作られたタロットの95%を押さえたと言われる。常に物証をもって発言する姿勢は、とかく虚構が忍び込みやすいタロット界にあって、斯界の常識的議論に大いに貢献した。1989年から1996年にかけてタロットと占いカードを専門に扱う研究誌『マンテイア』の編集発行人となり、全16号を刊行。2002年、国際タロット協会より功績賞を贈呈される。2016年、他界。享年83歳。氏の収集物は現在ロスキルド大学図書館に収蔵され、氏の名前を冠して「K・フランク・イェンセン・コレクション」と称されている。

    ■翻訳・解説
    江口 之隆 
    1958年、福岡県生まれ。魔術研究家、翻訳家。1983年、日本初の黄金の夜明け団の歴史書『黄金の夜明け』(共著、国書刊行会)を上梓。1984~85年にかけて英国・ウォーバーグ研究所で夜明け団研究を行う。主な著書に『黒魔術・白魔術』(長尾豊名義、学研)、『西洋魔物図鑑』(翔泳社)など、訳書にリガルディー編『黄金の夜明け魔術全書』、クロウリー『新装版777の書』(国書刊行会)、シセロ夫妻『[黄金の夜明け団]入門』(ヒカルランド)などがある。Webサイト・Twitterアカウント「西洋魔術博物館」を主宰。魅惑的な西洋魔術の世界に関するウィットに富んだ情報発信が幅広い層の人気を呼んでいる。
     

関連商品