×

CATEGORY

CATEGORY

専門カテゴリー

INFORMATION

MENU

ポイント会員募集中
HOME»  新着速報★»  『アリス ワンダーランド・オラクル』

『アリス ワンダーランド・オラクル』

オーストラリアのシドニー在住の有名な善魔女 Lucy Cavendish(ルーシー・キャベンディッシュ)が、1979年生まれで、アクリル画家として世界的に有名なフロリダ在住のファンタジー、ゴシックアーティスト Jasmine Becket-Griffith(ジャスミン・ベケット-グリフィス)と組んで制作した、「不思議の国のアリス」をテーマにしたオラクルカード。チェシャー猫、白ウサギ、マッドハッターなど、ワンダーランドのキャラクターが登場します。何かを語りたげな表情豊かな大きな瞳を持った少女の様に見えるアリスは、幼少の頃交通事故に遭い、一時的に視力を失ったことがきっかけで、人々のオーラやエネルギーを感じ、見えるようになったルーシーのカードにふさわしく感じられます。トニー・カルミネ・サレルノ が率いるブルー・エンジェル・ギャラリー出版発行。 
英文132ページの解説書付き。
ハードボックス入り。
45枚 サイズ〔139×95〕
外箱サイズ:H169×W124×D30[mm]

[オーストラリア ・ Blue Angel Publishing]

  • 『アリス ワンダーランド・オラクル』

  • 販売価格

    4,320円(税込)

  • ポイント還元1%
  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 著者:ルーシー・キャベンディッシュ
    ルーシー・キャベンディッシュは、元素の世界や天界に通じた生まれながらの善魔女で、充実した幸せな生活を営むための信条として、また、人間を自然界の一部とみなし、地球上での個人的な体験に喜びを見出す手段として魔法をとらえ、毎日欠かさず実践しています。彼女は『シャドウ&ライト オラクルカード』(日本語版:株式会社ヴィジョナリー・カンパニー発行、2011年1月)、『ロストランド』(日本語版:株式会社アールズ出版発行、2012年4月)、『フェアリーマジック』、『オラクル オブ ドラゴンフェ』、『フェアリーオラクルの野生の叡智と白魔術』 (以上、日本未発表)の著者でもあります。また、彼女は30年以上にわたり魔法や神話、占い、古代から現在にかけての特殊技術や魔術について研究を重ね、その業績はディーパック・チョプラ、ルイーズ・L・ヘイ、フィオーナ・ホーンといった幅広い層から支持を得ています。1992年には、世界初の魔女専門雑誌「ウィッチクラフト」を創刊。更に、「Spellcraft Magazine」「Spheres」などのスピリチュアルな情報誌にコラムを連載したり、「Pop! Goes The Witch(※最新トレンド版!魔女が行く)」という本の名言集に登場する一方で、テレビやラジオの番組にもたびたび出演し、魔法や直感、技の解説を行うなど、活動の幅を広げています。また、彼女はオーストラリアで「女神の会」を立ち上げたメンバーのひとりでもあります。読書や執筆、音楽鑑賞、楽器の演奏、野生とつながる魔法のワークショップが大好きな彼女は現在、妖精のような娘、様々な種類のペットや植物、精霊たち、そして愛すべき元素と共にオーストラリアのシドニーで暮らしています。

関連商品