×

CATEGORY

CATEGORY

専門カテゴリー

INFORMATION

MENU

ポイント会員募集中
HOME»  新着速報★»  『パリのタロット』

『パリのタロット』

マルセイユ・タロットの始祖の一つと考えられる17世紀初頭(1600年~1650年頃)にフランス、パリで作られたタロットカード “TAROT DE PARIS” の復刻版。1985年にAndré Dimanche(アンドレ・ディマンシュ)の編集でフランスのカードメーカ「グリモウ」によって製造出版された。マルセイユ版に近いタロットとして78枚が完全に揃っているものの中では、最も古いものと言われており、オリジナルはフランス国立図書館に保存されている。マルセイユ版と違い、1番の「魔術師(奇術師)」のカードが三人の男が描かれゲームをしているようにも見える絵柄になっており、二人の人物が描かれた7番の「戦車」、二つの顔が描かれた8番の「正義」、悪魔が人々を襲う16番の「塔」、天体を測量する人物が描かれた17番の「星」、また、小アルカナのエースにユニコーンやライオンなどが登場する特徴の多いカードとなっている。
小アルカナは数札。
アンドレ・ディマンシュが1984年に「ソシエテ・ル・ジュード・マルセイユ」より出した52ページ英文解説が付いている。
限定品
78枚 サイズ[123-69]
英文52ページ解説書付き

[フランス・グリモウ製]

  • 『パリのタロット』

  • 販売価格

    9,504円(税込)

  • ポイント還元1%
  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品